Yoast SEO:オプションのSSLを使用したサイトの正規URL

HTTPS

サイトをに移動したとき フライホイール、SSL接続(安全な接続を保証するhttps:// url)に全員を強制しませんでした。 これについてはまだ決定していません。 フォームの送信とeコマースの部分が安全であることを保証する場合がありますが、読むべき平均的な記事だけについてはわかりません。

そのことを念頭に置いて、正規リンクが安全と非安全の両方で表示されていることに気付きました。 私はこのトピックについてあまり読んでいませんが、Googleが各パスを別々に扱っている場合は問題になる可能性があるようです。 実際、Webマスター内では、安全なサイトを個別に登録する必要があったため、混乱が生じると推測できます。

カノニカルリンクとは何ですか?

正規リンク要素は、HTMLページのヘッドセクション(ユーザーには表示されない)の要素であり、検索エンジンをWebページの優先バージョンに誘導します。 リンクを介して渡される権限が適切なURLに確実に送信されるようにするため、これは検索エンジン用にサイトを最適化する場合に不可欠な要素です。 コンテンツ管理システムの大部分は、同一のコンテンツへの複数のパスを生成します。 適切なパスを定義するための標準がないと、同じコンテンツへの複数のパスに権限が分割される可能性があります。

のレビューで Yoast SEO プラグインのナレッジベースであるプラグインは、WordPressの標準機能を介してパーマリンクを取得するだけです。 つまり、安全なページを表示している場合はhttpsパスが一覧表示され、そうでない場合はhttpパスが一覧表示されます。 うーん。

私たちのテーマの中で のfunctions.php ファイル、およびYoastの正規フィルターの使用 wpseo_canonical、次の関数を追加して、すべての正規リンクを安全なURLに強制します。

function mtb_canonical_ssl($ url){$ url = preg_replace( "/ ^ http:/ i"、 "https:"、$ url); $ urlを返します。 } add_filter( 'wpseo_canonical'、 'mtb_canonical_ssl');

これで、ユーザーが移動するパスやGoogleクローラーが正規をキャプチャする方法に関係なく、https:// URLパスを持つ安全なページとしてのみ表示されます。 Yoastプラグインにはこれを定義するオプションがありましたが、プラグインから切り離されたようです。

2のコメント

  1. 1
  2. 2

    これは完璧に機能します! 小さなウェブサイトをhttpsに切り替えたところ、Yoastをあきらめました。 つまり、それをオフにしました。言葉を出してくれてありがとう。

どう思いますか?

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 コメントの処理方法を学ぶ.